悠莉さんの生きた証

愚痴などつらつら書きます。

私の受験と高校時代

そんなこんなで高校受験の時

 

私は不登校で単位も成績も全く取れていなかったのでとても悩みました。

 

そもそも不登校で勉強なんて得意じゃない私は全日制には行けるはずがなかった。

 

高校受験を体験してる人ならわかると思うけど

 

入試の種類はいろいろあって学校によっても違うけど

そもそも成績がなければ筆記テストでずば抜けていい点数を取らなきゃ受かるわけがなく

 

全日制は諦めました。

 

そして通信と昼夜間定時制定時制の三つの中から選ぶことに。

 

でも通信はお金が高くてうちはそこそこの貧乏だったのであえなく却下。

 

残る2つだけど

 

私は普通の勉強よりも何か作業をしてるほうが好きだったから専門的なことを学べる高校に行きたいと思った。

 

別に何でも良かった。

 

工業高校だろうが農業高校だろうがとにかくそういう系に行きたくて

昼夜間定時制は諦め定時制に決めました。

 

 

ってかそもそもにしてさ昼夜間定時制のところ校則が厳しかったから嫌だったってのもあるんだけどプールの授業があるし制服も着なければならないから嫌だった。

 

定時制の専門的な学校でプールの授業がないところを選びました。

 

一次試験から定時を受けたのと定員割れしたのもありあっさり合格しました(笑)

 

 

そんなこんなで私は農業高校の定時制に入学しました。

 

 

いつめんもできそこそこ楽しかったかな。

 

 

でもいつめんとは喧嘩が多くて私のグループは最初5人だったんだけど1人が問題児的な感じでいろいろあり最終的には4人になりました。

 

 

定時制のクラスは1学年1クラスでクラス替えなんてものは存在しなく

定時制のため4年間でした。

 

そしてクラスメイトの中に私の中学の同級生が。

 

その人に目をつけられそこそこいじめられました。

 

プリントわざと私だけ配らないとか

体育の時私を標的にしたり

私の目の前で悪口言ったり

デブだのブスだのそりゃまぁたくさんありました(笑)

 

 

何度か辞めたくて辞めたくて苦しかったんだけど

クラスで成績を1位をほとんど取れてたからめげずに行きました。

 

まぁ本当に話せば長くなるからいろいろ省くけど

 

高校4年生の修学旅行の時事件が起こりました。

 

 

クラスのグループLINEがあって

クラスほとんどの人がいるのと

女子だけのグループLINEがあったんだけど

 

卒業アルバムを作る担当の生徒がいてその人が男だったから

撮った写真はクラスのグループLINEのアルバムに送ってくれって言うことを言われ

 

私は撮る側だったから送ったんだけど

 

その人が作ったアルバムにみんなが入れてるのを知らなくて

(いつめんも知らなかったんだけどね)

私はその人のに勝手に入れたらまずいかなって思ったから新しくアルバムを作って載せたんだけど

 

その人にグループLINEでめっちゃブチギレられ

 

なんで勝手にアルバム作ったんだよ

俺が作ったアルバムに追加してって意味なんだけど

 

ってみんなが見れるグループLINEで言われ

 

そんなのも出来ないなら迷惑だから載せんな

 

って言われ私は精神的ダメージをくらいました(^_^;

 

だってさそもそもにしてそんなこと一言も言ってなかったんだよ?

 

私その人と仲良くないし勝手に追加したら怒られるかなって思ったからしただけだし

向こうの説明不足だし

そもそもそんなに怒るところじゃなくない?

 

って思ってたんだけどまぁショックでショックで(^_^;

 

それを見たいつめんは

 

あんなの気にしなくていいよ

 

って言ってくれてた。

 

ちなみにそれが2日目の昼間ね。

(3泊4日でした。)

 

 

そしてその日の夜に最終日に荷物を送るかどうかを決めていいよって夕飯の時に先生に言われて

どうするかいつめんと相談してたんだけどまだ決めてなくて次の日でも間に合うからってあとで決めようって話になってたんだけど

 

夕飯食べてから自由時間で

 

私は2日目のショックでもう寝ちゃったのね。

 

その時もし送るか送らないか決めたら悪いんだけど起こしてくれるかな?

って言ったらわかったって言ってくれてたんだ

 

それでがさごそ音がするなって思って見たら消灯時間は過ぎてて

いつめんみんなが荷物の用意をしてたの。

明日でも間に合うのになんでだろうなって思って聞いたら

 

荷物送ることにしたから用意してんの

 

って言われて

 

あ、そうなの?

ごめん私起きなかった?

 

って言ったら

 

いや起こしてないよ?

何のこと?

 

って言われ

 

えー私眠くてちょっと寝るから荷物どうするか決めたら教えてねって言ったじゃん!

もー(笑)

 

って言ったらしらけて

 

あ、ごめん

 

って言われたんだが

 

次の日私も荷物を送るから用意をしてもう1度寝たんだけど

 

最終日は観光でグループの好きなところへ行っていいってなってたんだけど

 

いつめんは私のことほとんど置いてきぼりで

 

私抜きでめっちゃ楽しんでたのね。

 

 

それでまぁ私は萎えるわな(^_^;

 

4年間一緒だったのに置いてきぼりってさ(笑)

 

そんで帰りの新幹線である人が

 

いつめんの誰々が悠莉のこと怒ってて関わりたくないらしいよ

なんかうざいんだってさ

って言われ私はショックでしたわ(^_^;

 

そんで新幹線で降りた駅から各自帰るようになってたんだけど

いつめんと帰る約束してたのに私に何も告づ先に帰ってしまい

私は独りぼっちで帰りました(笑)

 

 

それから学校で挨拶しても話しかけても無視され私は独りぼっちに。

 

 

毎日毎日孤独で

 

何度目の独りぼっちだよって思いながら過ごしてたんだけど

 

なんか独りぼっちなのに行くのめんどくさいというか辛いというか

もう全てがどうでも良くなり

優等生的な感じで頑張ってたんだけど

徐々にサボるように。

 

修学旅行から4ヶ月後くらいには完璧に行かなくなり

母様と相談して学校辞める方向で考えていたら

先生が私と話したいからって言われ学校に行くと

 

悠莉どうしたんだよ

お前あんなに頑張ってたのに

もう単位やばいぞ?

これ以上こないと卒業出来ないぞ

 

と言われ私は今までのことを全て話した。

そして辞めようと思っていることも。

 

すると

 

今辞めたらもったいないだろ?

人間関係がこじれたからって辞めたらこの先どうやって生きてくんだ?

またそうやって逃げるのか?

逃げたままでいいのか?

 

って言われ私は完璧に無理になり学校を中退しました。

 

ちなみに4年生の秋頃です。

 

 

まぁ高校時代はこんな感じかな。