悠莉さんの生きた証

愚痴などつらつら書きます。

自分の病気について

最近はそればかりを考えてしまう。

 

1番最初なはうつ病と診断された時は正直に言うとホッとしたんだ。

 

昔から切ったり自殺願望があったりしたから多分そうだと思っていたけど

 

家族に言えなくて

 

仕事もちゃんと出来なくて

 

家で引きこもって

 

母からは

 

怠けてる

 

っていつも言われてきた。

 

 

高校辞めた時も

 

悠莉はいつも逃げてばっかりだねって言われた。

 

私もそう思う。

 

だって今まで逃げてる人生しか歩んで来なかったから。

 

自分でもそう思ってた。

 

 

だからね 

 

貴方は病気なんですって

怠けてるわけじゃないって言われてホッとしたの。

 

 

自分の思いすぎだって

 

自分は怠けてるだけなんだってずっと自分を責めてたから。

 

 

そして病院を変えてから

 

3人の先生に診察をしてもらって

 

私の考えは変わった。

 

 

 

最初の病院の先生は私をうつ病だと診断した。

 

 

病院変わって1人目の先生は

 

あなたの場合典型的なうつ病でもないし

典型的な躁うつでもない

つまり治りにくいんです

 

って言われた。

 

2人目の先生はとくに病気のことを言うわけでもなく

薬を出された。

 

3人目はなんで来たのかと言われて

私は内心ぶち切れた。

 

だってそこに通ってる事は主治医じゃなきくてもわかるでしょう?

 

カルテがあるんだからさ。

 

2時間以上待ってなんで来たと言われ目を見て話してくれないし診察二分もしないで終わった。

 

それは流石に論外でしょう。

 

 

そして私は引っかかることがある。

 

 

結局私はなんの病気なの?

 

うつ病でもない

躁うつでもない

 

 

私は本当は病気なんかじゃなくて怠けてるの?

 

って思いがぐるぐるぐるぐる頭の中を無限ループしている。

 

 

そしてもう一つ。

 

今の病院で主治医が決まってない

 

つまり毎回当たる先生が違う

 

毎回違う先生に当たって治療になっているのかどうかということ。

 

 

薬は飲んでるし

 

一応治療にはなってるんだろうけど

 

3人とも私を責める言い方をするから

 

逆にストレス。

 

 

寝るサイクルが出来てないから眠剤は出せないと言われてるし

 

あなたは軽いと言われる

 

 

 

次の診察の時暴れ回ってやろうかな

 

 

キレそうになったら絶対言い返してやるわ。

 

 

 

 

先生。

 

 

私の症状が重い軽いって1回で判断しないで。

 

 

重い軽いは関係ないじゃん。

 

 

私は辛いから病院に通ってるの。

 

 

重い軽いなんて先生に言われたら患者は自分を責めてしまうから。

 

 

 

どうかお願いします。

 

 

次こそいい先生に当たりたいな。