悠莉さんの生きた証

愚痴などつらつら書きます。

友人との濃い1日

昨日の出来事があまりにも濃かったので書くことにします。

 

 

昨日は友達とカラオケ行きましたー

 

むっちゃ歌って歌って歌いまくりました(笑)

 

カラオケ終わって本当に久々のプリを撮り大満足。

 

そしてファミレスで語りまくって

 

喫煙所へ移動してまた語りまくったー

 

 

そしてその子の口から知らなかった事実を告げられびっくりしました。

 

 

詳しい事はその子との私の秘密にしたいので内緒です(笑)

 

けど本当にびっくりしました。

 

 

その友達がそのことで苦しくて悩んでたこと

 

なんとなく知ってはいたけど

 

そこまでとは思わず本当にびっくりした。

 

その事実を知って離れていく人もいるだろう。

 

けど私はそんなことを知って今更離れる理由になんてならない。

 

彼女は私を受け入れてくれたから。

 

 

私の例えを出すならばリアルの友人で

 

精神科にかかっていること

うつ病だと言う事

そして自傷行為をしていること

 

これを告げたら人それぞれな反応をするだろうね。

 

同情をする人

離れていく人

馬鹿にする人

陰口をいう人

 

もっとたくさんの反応があると思う

 

 

けどその子はそんな私も受け入れてくれた。

 

何かあったら話を聞くし

悠莉が死んだら生きてけないよ

死ぬんなら私も死ぬから

 

 

そんなことを言ってくれました。

 

 

口先だけかもしれない

 

けど彼女とはもう5年目の付き合い。

 

彼女の性格はわかっているつもり。

 

だから彼女は口先だけじゃないことをわかっている

 

仮に口先だけだったとして

 

裏切ることをしても私はきっと彼女を許すと思う。

 

 

まぁそんな話は置いておいて

 

彼女はその話をした時すごく怯えた目をしていた。

 

私が彼女に打ち明けた時と一緒の目。

 

 

だから私は言ったの

 

 

今貴方が考えてること当てるね。

私が離れていかないか

嫌われないか心配で不安って思ってるでしょう?

私の性格わかってるでしょう?

私はそんなことで離れたりしない。

そんなの出会った頃からある程度わかっていたことだし

たしかにその事実にびっくりだったよ。

予想もしてなかった。

でもその事実があっても関係は変わらないよ

 

 

そう言ったの

 

 

すると彼女は涙目になり涙を流した。

 

 

本当にありがとう。

うん。

怖かった

 

って。

 

 

本当馬鹿ね。

 

私がそんなことで離れるわけないのに。

 

 

まぁそんなことを話した1日でした。

 

 

このブログ知らないと思うけどあらためてここで言います。

 

 

私に話してくれてありがとう

そして私を受け入れてくれたこともありがとう。

私はあなたに出逢えて本当に良かった。

 

 

この気持ち絶対忘れたくない。

 

 

そう思ったので書きました(笑)

 

 

終わりー(笑)