悠莉さんの生きた証

愚痴などつらつら書きます。

実はあの日に

私が20歳になった時

 

誕生日

 

 

本当は死のうと思ってたんだ。

 

 

まだ誰にも言ってないけど

 

 

その日溜めてた薬飲んだの。

 

市販の薬

 

 

自分が元々持っていたやつだけ。

 

どのくらい飲んだのか数えてないからわからないけど

 

そこそこな量でそれを飲むのがまず大変だった(笑)

 

 

でも死ねなかった。

 

 

結果1晩眠り続けただけ。

 

起きてから自分の体殴ったり

 

切ったりたくさん自傷をした。

 

 

そんなんでは死ねなくて

 

 

絶望したよね。

 

 

母様からねずっと言われてた事があって

 

 

20歳になったら面倒みないから自分で生きてきなって

 

 

早く家を出てって

 

 

そう言われてたの。

 

 

 

私には自分1人で生きてくことは無理で家を出て1人で暮らさなきゃ行けないなら

 

 

私は死ぬ。

 

 

20歳になってまで親の拗ねかじって生きてくなんて最低な親不孝者って思ってたから

 

 

絶対20歳までには死のうと思ってたの。

 

 

身の周りの片付けとかもしてたの。

 

 

 

けど死ねなくて

 

 

 

予定があったりなんだかんだで今日まで生きてきた。

 

 

 

最近はいろいろ思い出して

 

 

過去のこと

 

 

ブログで書いてたこと

 

 

書いてないことも

 

 

いろいろ思い出して

 

 

辛くて苦しくて死にたくてたまらないけど

 

 

結局生かされてる。

 

 

 

もっと楽に生きたいな

 

 

 

そんなお話でした。