悠莉さんの生きた証

愚痴などつらつら書きます。

いつか

さっき携帯小説を読んでました。

 

普段は長い作品しか読まないけれど

 

何故か見たいと思った短編があった。

 

20ページくらいの。

 

けどその人の体験は私と似た体験だった。

 

 

 

 

誰にも話せてないあの話。

 

いつかあの話を話しても離れないで居てくれる人はいるのかな。

 

今まで誰にも本当に誰にも話せていない。

 

あの体験については話してる人もいる。

 

 

ほとんど本当の話。

 

 

けど一部だけ偽っている。

 

 

ある部分だけ。

 

 

まだ言えない。